FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KLX125にアルミリム装着完了!

というわけで、ひん曲がったリム。。。通称鉄下駄をアルミリムへ換装。

いやぁ~よく曲がったもんだ!

P1050233_R.jpg

サクサクとタイヤを外しまして。

P1050234_R.jpg
P1050235_R.jpg

今回は、ハブとスポークはそのまま流用するので。
横着かましてバラバラにならないように、タイラップで固定。

これで頭が混んがることもないだろう。

P1050253_R.jpg
P1050254_R.jpg

で、取り出したるは…

オフ愛好者のおなじみブランドZETAのアルミリムこと

Z-WHEEL S30リム

s30rim_img_R.jpg

なんせ純正のスチールリムより安い!!
品質は。。。まぁお値段以上を期待いたしましょう。
前後で20,000円以内というのはかなりお買い得な気がするんですが。エクセルリムなんて片輪も買えない。。。
壊れたらまた替えたらいいやのノリで。

しかし、お安く上げるには避けて通れない。。。

ホイルの振れ取り

やったことないけど、何とかなるかの精神で。


P1050255_R.jpg

とりあえず仮組して、ニップルを手締めしてと。
外す前に測ったオフセット量に合わせるべく調整。
ちなみに、鉄とアルミで4mmほどリムの外計が異なってたんで、それを考慮しつつセンターだし。

P1050257_R.jpg

フロントは、思ったほど立て振れもなくすんなり横振れ取って終わり。
youtubeで勉強したかいがあった(笑)








リアはなかなか立て振れが酷い。
何とか妥協するレベルまでもっていったので、良しとしよう。どうせオフ走ったらわからないはず(笑)

というわけで画像なし。




で、よく見たらびーどストッパーを取り付ける穴が開いてるのはいいが、
つけないときにフタをするキャップがついてない。

ビードストッパーを取り付ける予定もないので。
KLX250用のビードストッパーキャップを注文してまたしばらく放置。

001_R.jpg



注文したのになぜか購入。


P1050260_R.jpg

あれ?ビードストッパー!

安かったんでつい。


部品も到着。

P1050264_R.jpg

ちなみに装着すると、こんな感じで。

P1050263_R.jpg



で、あとはタイヤ装着。
ビードストッパー取り付けてタイヤ組むのが初めてなんで、微妙にてこずる。
というか新品のアルミリムに傷つけないように組むので、いつもより時間がかかる。
たぶん、一回走ったら気にしないんだろうが。。。

P1050268_R.jpg
P1050270_R.jpg
P1050273_R.jpg



そんなこんなで、完成したのがこちら

befor

002_R.jpg

after

P1050279_R.jpg

P1050283_R.jpg
P1050284_R.jpg


いいんでねーの!
(自画自賛)

もっさりしていた足元がかなりレーシーに!
ブラックリムいい感じです。ちょっと傷つきやすいのが玉に傷。まぁ今だけですが。

というか一番の利点の軽量化は、ちょっとそこいらを走っただけのインプレですが。

バイクを起こした時点で軽く感じる。
走り出すと出だしが軽くなった感じ。

プラシーボ効果かもしれませんがこれはいい!!

今までさんざんいろんなもん付けてみたけど、一番良いかも。
ばね替えたり、マフラー替えた時よりも体感できた感じ。費用対効果ばっちし。




なんでもっと早くしとかなかったんだ~





というわけで!



だれかオフ走りに行きましょう!

ハードなのとかハードなのとかハードなの。ビードストッパー付けたし。

これは走りに行かねば(笑)




スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連 - ジャンル : 車・バイク

危険な場所だ!

仕事帰りにナップス。。。

またつまらぬものを、買ってしまった。。。。

P1050260_R.jpg

テーマ : オフロードバイク関連 - ジャンル : 車・バイク

いつの間に?!

先ほどゴミ捨てに行ってふとKLXを見ると。。。





リムひん曲がってますやん

P1050218_R.jpg


この前一人でヒャッツハYHAAAaaaaaaした時には
曲がってなかった気がするんですが…

P1050216_R.jpg

次の日ええ気分で行った代償か・・・





まぁ、アルミリムに替えろという

神の御導きということで



わかります






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。